あまつうあまつう


予算内でAmazonの商品が探せる。

あまつうについて

Amazon検索を利用して予算内で商品が探せるサイト。Amazonからの検索では、探すのが難しい1円商品や数百円以内の激安商品を探すことができる。PCに限らず、スマホやタブレットに対応しているので、アマゾンで検索してショッピングをしている方は、ぜひこちらのサイトを利用してください。PCの場合、ブラウザにブックマーク(お気に入り)登録しておくと次回からダイレクトにアクセスできて便利ですよ。

Amazonで商品を安く買うには?

Amazonギフト券を安く購入するのがオススメ。Amazonギフト券を売買しているサイトでは、日によって90%で買える時があれば94%で買える時があるので定期的に訪れ、タイミングを見計らって安く買うのがいいでしょう。AmazonのタイムセールやAmazonクーポンの利用時に併用すると、お得な買い物ができる。あと数万円以上する商品購入の時に、かなり出費を節約できますよ。Amazonギフト券を購入する場合は、楽天銀行や住信SBIネット銀行など同じ銀行同士の決済なら振込手数料が無料になる銀行口座を利用しましょう。

Amazonギフト券の売買サイト

以下でAmazonギフト券が安く買える売買サイトを紹介している。

日本最大電子ギフト券売買サイト「アマテン」

アマテンのチャージ残高へ最低でも1,000円以上のチャージ(入金)をしておいて欲しいギフト券があれば購入するシステムになっている。購入の際、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行、住信SBI銀行に対応しており、同行の口座間取引に手数料がかかりません。

電子ギフト券 売買サイト【ベテルギフト】

ベテルギフトのチャージ残高へチャージ(入金)をしておいて欲しいギフト券があれば購入するシステムになっている。ギフト券の売買手数料が無料。ゆうちょ銀行とジャパンネット銀行同士なら10分以内にベテルギフトへチャージ(入金)が反映される。ギフト券が使えない場合、30日間の返金保証に対応している。

最短3分で購入!【ギフト券取引所】

ギフト券取引所のチャージ残高へ最低でも1,000円以上のチャージ(入金)をしておいて欲しいギフト券があれば購入するシステムになっている。購入の際、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行、住信SBI銀行に対応しており、同行の口座間取引に手数料がかかりません。

電子ギフト売買サイト Giftissue

Giftissueのチャージ残高へチャージ(入金)をしておいて欲しいギフト券があれば購入するシステムになっている。購入の際、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行、住信SBI銀行に対応しており、同行の口座間取引に手数料がかかりません。ギフト券が使えない場合、30日間の返金保証に対応している。

クレジットなしでAmazonプライムになるには?

申し込み手続きなしでネットバンキングやコンビニで購入できる年会費無料のを利用するのがオススメ。このVプリカは、VISAが発行しているネット専用のプリペイドカードでインターネット上のVisa加盟店でクレジットカードと同じように使えるので、Amazonプライムの年会費の支払いで、ぜひ使ってみよう。

Amazonについて

Amazonとは、Amazon.co.jpのことで、携帯でもパソコンでもタブレットPCでもインターネットを利用してショッピングができる。
Amazonの通販が発送できる商品は、2,000円以上の購入で送料無料。ただし、本やAmazonギフト券に限っては商品一点で送料無料になる。
また、アマゾンプライム会員なら購入金額に関わらず商品一点でも送料無料で届けてくれる。
自分が欲しいと思った商品が見つかりやすく、思わず衝動買いしそうなほど数えきれない商品数を誇り、ショッピングをした日か翌日に発送してくれるし、休日でも注文を受け付け、発送もしてくれるので非常に有り難い。
商品を選ぶ時は、カスタマーレビューを参考にすると、商品の善し悪しが分かるので失敗しないショッピングができる。
決済に関して、代引き、クレジット払い、コンビニ払い、ネット銀行決済、Amazonギフト券、Amazonポイント払いなど豊富な決済サービスを提供しているので希望にあった決済方法が選択できる。
ネット銀行での決済でも振込手数料が、かからないのでクレジットカードの利用に抵抗があれば、ぜひ、ネット銀行を活用しよう。
販売価格が常に変動しているので定期的にアマゾン通販のサイトに訪れるのがいいでしょう。

Amazonのカテゴリー情報

以下でショッピングがしやすいようAmazon.co.jpのカテゴリーについて解説している。役に立つかもしれないので、ぜひ利用してみよう。

上記は、Amazon.co.jpのカテゴリーについて解説し、情報をまとめてあります。

アマゾンのお得なサービス

Amazon.co.jpでは、通販を利用している者がお得になる様々なサービスを実施している。例えば、以下のようなものがある。

Amazon定期おトク便

アマゾン定期おトク便

対象商品を定期的に届ける代わりに表示価格から最大で10%も安くなるサービス。
1ヶ月ごと、2ヵ月ごと、3ヵ月ごとなど最大で6ヶ月ごとまで、自分が指定した頻度で自動で商品を届けてくれるので無理のないショッピングができる。
日用品、スキンケア、化粧品、米、飲料など、日常でよく買う機会が多い商品のときに、このサービスを利用すると料金の節約になる。

Amazonプライム

Amazonプライム

注文した日に最短で当日中に届けてくれる「360円か514円のお急ぎ便」や指定した日時に商品が届く「360円のお届け日時指定便」が使える、年会費3,900円のサービス。
商品が届くのに待てない者、注文した日に手元に商品が届いて欲しい者に、このサービスをお勧めしたい。
また、100万曲以上が聴き放題のPrime Music、映画もテレビ番組も見放題のプライム・ビデオ、Kindle端末を持っていれば毎月一冊無料でKindle本が読めるKindleオーナーライブラリー、タイムセール開始30分前に参加できるお得なショッピングができる会員限定先行タイムセールの他にも、食料品、お酒、日用品、ペット用品などの低価格商品をひとつから必要な分だけ配送用のダンボールに入りきるまで一箱当たり290円の取扱手数料で届けてくれるAmazonパントリーが利用できる。

Amazonタイムセール

Amazonタイムセール

一日に5件までしかやらない数量限定の特選タイムセールや8時間以内に終了する数量限定タイムセールがある。プライム会員なら数量限定タイムセールに30分早く参加できる。

Amazonパントリー

Amazonパントリー

スーパーと同じ感覚で食品や日用品やペット用品を宅配用のパントリーBoxがいっぱいになるまで一品ずつ購入でき、290円でまとめて配送してくれるAmazonプライム会員向けのサービス。
このサービスは、日時指定が可能なので、高齢者や足が不自由な障害者、仕事が忙しくスーパーが営業中にショッピングに行けないビジネスマン、ショッピングに行くのが困難な主婦にとって安心して利用できる。

Amazonフレッシュ

Amazonフレッシュ

東京都と神奈川を対象に月額500円で生鮮・食品・飲料・お酒・日用品・雑貨まで、必要なものが1か所でお得に揃う会員向けのサービス。
Amazonプライム会員かAmazon Student会員ならこのサービスを利用できる。
Amazonパントリーと違って、こちらでは、野菜、果物、生魚、生肉、たまご、豆腐、パン、惣菜など生ものを単品で購入でき、注文から最短4時間で配送し、朝8時から深夜0時までの時間帯で受取りが可能。1回の注文が6000円に満たない場合は、500円の配送料がかかる。

Amazonクーポン

Amazonクーポン

クーポンをもらうボタンを1クリックするだけでもらえるお得なクーポン。
ドラッグ全般、食料品、ドリンク、ペット用品、家電、台所用品、文房具、パソコンソフト、手芸、楽器、DIYなど様々な商品にクーポンがあって注文が確定した時に割引が適用される。

日本や海外のAmazonの概要と買い物手順

日本のAmazon.co.jp、アメリカのAmazon.com、イギリスのAmazon.co.uk、カナダのAmazon.ca、インドのAmazon.inについての説明や買い物の手順など簡潔に解説しています。

日本のアマゾン

日本のAmazon.co.jp

日本法人アマゾンジャパンが運営している日本のECサイトです。もはやないものはないと言えるぐらいの多種多様な品揃えで、わざわざ店頭に出向かなくてもパソコンAmazon.co.jpのサイトやスマホのアプリをクリックするだけで商品一覧が見れて購入ができ、宅配便で商品が家に届くので、共働きの家庭や、小さいお子様がいる家庭などは利用すると便利です。

アメリカのアマゾン

アメリカのAmazon.com

アメリカのワシントン州にあるシアトルに本拠地を置いているのがAmazonであり、ヨーロッパやアジアなど世界中に展開しているサービスの要です。近年は社会がグローバル化している上に日本はアジア圏の中では大きなマーケットだと認識されているので、アメリカで取り扱いされている製品が国内の物流センターにも保管され迅速に届けられるようになっています。

イギリスのアマゾン

イギリスのAmazon.co.uk

イギリスでサービスを提供しているAmazonのことです。そのため、この購入サイトで日本語表記はありませんし、Amazon.co.ukと日本のAmazonとは全く別物です。初めて利用する際にアカウントの登録をしなければならなかったり、日本で購入したAmazonギフトも利用することはできません。さらに、何かトラブルがあった場合でも日本のAmazonはサポートもしてくれません。直接イギリスのAmazon.co.ukのサイトを経由して英語で手続きをすることになります。

カナダのアマゾン

カナダのAmazon.ca

国ごとに作られたAmazonのサイトの中でAmazon.caはカナダ向けに作られたサイトとなります。言語は英語とフランス語を選択する事ができるので、馴染みのある方を選べます。

インドのアマゾン

インドのAmazon.in

Amazonは最近Amazon.inのサービスをスタートしたので、インドの商品を気軽に買い物できるようになりました。これまでAmazonはJunglee.comという名前で進出の機会を狙っていたのですが、ついにAmazonインドとして正式にサービスを始めたのです。Amazon.inはインドのサービスになりますが、Amazonの進出国としては10番目になります。

ページトップボタン